歴史

袋井市・静岡県

袋井市・静岡県

2020年7月17日、マドリードで最初のスミビヤキであり、神戸牛として認定された和牛を提供するスペインの5つのレストランの1つであるピラールアカネヤがオープンします。また、日本のマスクメロンクラウンメロンを提供するヨーロッパで最初の施設です。これは、創設者の村田智穂とイグナシ・エリアスに私たちを連れ戻す物語のカバーレターです。

2011年にバルセロナでヨーロッパ初のスミビヤキ、象徴的なカルロタアカネヤがオープンしてから9年が経ちました。イグナシは、それから彼は彼の心だけでそれを開き、そしてほぼ10年後、「彼は彼が学んだことを新しいプロジェクトに注ぎ込まなければならなかった」と保証します。

学習の一部は、彼のパートナーである袋井出身の村田智穂によるものです。子供の頃の思い出には、祖母と一緒に餅を作ったり、祖父と一緒に薪を集めて自分で炭を作ったりする火のそばの冬があります。 20年後、千穂はマドリードのスミビヤキのすべての決定のフィルターになります。

「ピラール・アカネヤはいつか存在するように呼ばれた」とイグナシは母親の名前であるピラールをほのめかして答えた。 「私は彼に借りがある」と彼は微笑んだ。これはまた、ジョルディ・リベラがそれをどのように見ているか、オペレーションのディレクターであり、予言が成就することに責任がある主要な人物です。 「すべてを機能させるピース」は、Ignasiを定義します。イグナシが彼と一緒に2つ目のレストランを開くことを提案したとき、ジョルディはカルロタアカネヤの常連でした。 「私はそれを予期していませんでした」とJordiは説明します。 「イグナシが探していたのが心だったとしたら、私が心を込めたので彼は正しかった」。

神戸ビーフ
ピラールアカネヤは、神戸牛協会の認定を受け、神戸牛の販売を認可された日本国外の150軒のレストランの1つです。和牛と神戸牛の意味がわかりにくいです。 「兵庫県産の場合は『神戸牛』のみで、それに対応する 『神戸牛』の認証があります」と千穂氏は明言する。ピラールアカネヤの場合、地球上で最も高級なカットである神戸ビーフA5だけでなく、焼き肉との組み合わせについても話します。

紀州備長炭
「木炭の試食をしなければならないとは思ってもみませんでした」と、ピラール・アカネヤのディレクター兼シェフ、ホセ・ルイス・フェルナンデスは告白します。 「千穂が私を呼んだとき、カルロタ・アカネヤのことを聞いたことがあります」が、「千穂が和歌山の森について教えてくれるまで」残り火の重要性に気づかなかった。 「世界一の炭」である和歌山の紀州備長炭で神戸牛を昇華させる可能性があるとジョルディは説明する。 「これまで、これは日本でしか不可能だった。今、チャンベリでも」と彼は保証します。

クラウンメロン
また、我が国でクラウンメロンを味わうのは初めてです。 Viajes National Geographicは、この事実を直接目撃し、素晴らしいレポートを実現しました。 世界で最も高価なメロンはスペインに上陸します、2020年10月22日に公開されました。

クラウンメロンは、日本で最も有名なマスクメロンDOの1つであり、袋井市の千穂市で栽培されています。 「彼らの農場は私の家の近くにあります」と彼は説明します。西洋文化では、メロンの価格が東京店のクラウンメロンの通常価格である200ユーロ以上であることを理解するのは難しいです。メロンは日本の高級ギフト文化に深く根ざしており、2019年にオークションにかけられたマスクメロンのコピーに25,000ドルが支払われました。

その高い価格と甘い味は、「一本の木、一本の果物」のルールに一部起因しています。収穫の途中で、農家は木ごとに1つのメロンを選び、見た目が最も良いものを選び、残りを犠牲にします。このメロンが受けるケアとコントロールのリストは、おそらく母親が赤ちゃんに与える注意に匹敵するだけです。 「彼らは日本の夢のようです。そして今、ここマドリッドに彼らがいるのは衝撃的です」。

2019年4月–袋井の自宅で、武と村田健二と千穂がラ・バングアルディアのカルロタ・アカネヤについての記事について話し合う

神戸ビーフ
ピラールアカネヤは、神戸牛協会の認定を受け、神戸牛の販売を認可された日本国外の150軒のレストランの1つです。和牛と神戸牛の意味がわかりにくいです。 「兵庫県産の場合は『神戸牛』のみで、それに対応する 『神戸牛』の認証があります」と千穂氏は明言する。ピラールアカネヤの場合、地球上で最も高級なカットである神戸ビーフA5だけでなく、焼き肉との組み合わせについても話します。

紀州備長炭
「木炭の試食をしなければならないとは思ってもみませんでした」と、ピラール・アカネヤのディレクター兼シェフ、ホセ・ルイス・フェルナンデスは告白します。 「千穂が私を呼んだとき、カルロタ・アカネヤのことを聞いたことがあります」が、「千穂が和歌山の森について教えてくれるまで」残り火の重要性に気づかなかった。 「世界一の炭」である和歌山の紀州備長炭で神戸牛を昇華させる可能性があるとジョルディは説明する。 「これまで、これは日本でしか不可能だった。今、チャンベリでも」と彼は保証します。

クラウンメロン
また、我が国でクラウンメロンを味わうのは初めてです。 Viajes National Geographicは、この事実を直接目撃し、素晴らしいレポートを実現しました。 世界で最も高価なメロンはスペインに上陸します、2020年10月22日に公開されました。

クラウンメロンは、日本で最も有名なマスクメロンDOの1つであり、袋井市の千穂市で栽培されています。 「彼らの農場は私の家の近くにあります」と彼は説明します。西洋文化では、メロンの価格が東京店のクラウンメロンの通常価格である200ユーロ以上であることを理解するのは難しいです。メロンは日本の高級ギフト文化に深く根ざしており、2019年にオークションにかけられたマスクメロンのコピーに25,000ドルが支払われました。

その高い価格と甘い味は、「一本の木、一本の果物」のルールに一部起因しています。収穫の途中で、農家は木ごとに1つのメロンを選び、見た目が最も良いものを選び、残りを犠牲にします。このメロンが受けるケアとコントロールのリストは、おそらく母親が赤ちゃんに与える注意に匹敵するだけです。 「彼らは日本の夢のようです。そして今、ここマドリッドに彼らがいるのは衝撃的です」。

レストラン

レストラン

京都バーベキュー

ピラール茜屋は、日本の高級品を使った人気の日本料理すみび焼きです。内部では、13の自作バーベキューテーブルが隣接する2つの部屋の床に立っています。村田千穂とC97建築家事務所が共同で設計した建築提案は、日本の機能的なミニマリズムと、清潔でシンプルなライン、自然な色、木、鉄、粘土などの高貴な素材が優勢な京都の古典的な美学に触発されています。灰、綿またはロープ。

ピラールアカネヤでは、美しさと伝統が融合し、日本の偉大なシェフの間で人気のあるライスペーパーランプとジャズ音楽でフィルタリングされた落ち着いたオアシスを作り出しています。昼と夜が混同されて時間の概念が少し揺らいでいるマドリッドの一角。

火、親密さ、そして おもてなし、ピラールアカネヤが適切に組み合わせるように努めている側面。初めての訪問でも、ピラールアカネヤの点線の石造りの入り口を踏んで、引き戸を通り抜けると、部屋のスタッフが店内であなたを歓迎し、日本だけでなくくつろぎのひとときをお届けします。

キッチン

人気の高級料理

喜びの基本が原材料である場合、ピラールアカネヤの仕事は、サプライヤーとの関係と可能な限り最高の材料の選択から始まります。料理のシンプルさは、製品の主な役割を強調し、いずれにせよ、微妙なタッチで強化されています。あなたが自然の特定の贈り物を扱う機会と責任を持っているとき、もう少し必要です。すべてが最高品質であり、完璧に準備されている必要があります。

製品の品質は調理方法によって結合されます 古風な、 各サービスで手動でテーブルにダンプされる木炭で。 「それはおそらく修復に存在する最も犠牲的な仕事です」と千穂は告白します。しかし、「私が今までに知った中で最もロマンチックな表現」でもあります。

ピラール・アカネヤは、ゲストが帰ってくる機会があるかどうかわからないので、バーベキューの火の周りでの以前のダンスなど、日本の味と食感の幅広い品揃えを保証するテイスティングメニューを用意しています。それぞれの料理は全体の中で機能を持っており、コースが進むにつれて複雑で織り込まれた物語が生まれます。

Sansekai Menuは、より創造的で自発的で直感的な個性を反映しています。インスピレーションは、料理そのものと、料理にバランス、優雅さ、風味をもたらす日本料理のあらゆる側面への好奇心から来ています。それは、料理を味わう人々を幸せにすること以外の目的はありません。

シェフ

ペペフェルナンデス

彼は1987年にアルヘシラスで生まれました。彼がストーブに最初に触れたのは、母方の祖母のシチューと料理に対する彼の計り知れない愛情でした。子供の頃に彼を最も際立たせたのは、豚の虐殺でした。彼が今では子供の頃の味と呼んでいるものを彼に与えた厳しい儀式です。肉を薪で焙煎し、パンに詰めました。

15歳のとき、彼はタリファのキッチンアシスタントでした。彼の夏は皿洗い、サラダの準備、魚の掃除、肉のグリル、そしてご飯の調理でした。 17歳のとき、彼はグラナダでの研究とアルヘシラスのアルボランホテルを組み合わせ、そこでウェイターとして働き、奉仕の芸術を学びました。

18歳のとき、彼はアルヘシラスの2つのバーで働いて研究費を支払いました。アイボリーバーで彼は彼の最初の教師であるティリを持っていました。 23歳のとき、彼はシェフとしてロンドンに行き、サービスの質の悪さ、製品の質の低さ、賃金の低さなど、仕事の苦い側面を発見しました。5年後、高級料理とマドリードという明確な目標を掲げてスペインに戻りました。

学校でアランダはフランラバゾと一緒に新しい技術を学びました。彼の才能は彼にインターンシップを獲得し、その後、エルクラブアラード(ミシュランの2つ星)で契約を結びました。そこでは、カルメ・ルスカイダの東京の右腕であるホセ・カルロス・フェンテスが彼に日本料理を紹介しました。そこで彼は自分のチームを率いて、テイスティングメニューの最初の料理を提案しました。

2年後、彼はキッチンアシスタントとしてエティモと契約し、ベゴーニャフレイレと一緒に、 料理フランス 最高品質の食材を使用したクラシック。 Jairo Calvoから、彼はレシピの実行と製品の取り扱いにおける正確さと規律を学びました。

その時、村田智穂から電話があり、ピラール・アカネヤを監督するという彼女の提案があった。彼はバルセロナに移り、クラウンメロン、和歌山炭の持ち込み、カンゲン水での料理など、村田製作所のマドリードに関するアイデアのトレーニングと作業を行いました。日本が提供できる最高のすみび焼き体験を生み出すというビジョンを持って、三世会メニューを作る委員会が誕生しました。 「それは私が学んだすべての価値観をまとめたものです。千穂は私にガイドラインと自信を与えてくれます。彼女と一緒に働くのは簡単で、それは結果に表れています。私は、これまで働いたことがこれほどやりがいのあることはなかったことを告白しなければなりません。クライアントの目が輝いているのを見たり、「私たちは幸せでした」と言うのを聞いたりします。そのようなものはありません。」

家具

ケショメン

化粧面

バーベキューテーブルの準備のために、ピラールアカネヤはその装飾的な表面に木材を選びます。 ケショメン (化粧面)、対タフネスまたは他の属性。時々、木材は熱亀裂にさらされ、大きな傷を形成します。と同じように 金継ぎ (金継ぎ)、セラミック骨折を修正するための日本の技術、 食人 (職人)または日本の名工は、木材の劣化を尊重し、それを修復するために、それを隠したり埋め合わせたりするのではなく、損傷を称賛します。それは文化です わびさび または、老化、摩耗、裂け目がオブジェクトを装飾し、その変形と歴史を明らかにする不完全さの美しさ。それはまさに、スペインで唯一の本物の食人であるフリオ・アロンソによってピラール・アカネヤのテーブルで達成されたものです。

2021年6月–ジェレスのハヤブサスタジオでフリオアロンソとピラールアカネヤ。

真の食人は、江戸時代の日本の職人のスタイルで動作します。 指物 (指物)、その技術は、高貴な木材のみを使用し、釘、ネジ、または木材自体とは異なる要素などの金属を使用せずに、接着さえ必要としない複雑なアセンブリを使用してコンポーネントを結合することを含みます。虎杖悠孝と虎杖悠司とともに日本で訓練を受け、それぞれキャビネット作りと鍛冶の第一人者であるアロンソは、過去20年間、指物の研究と教育に専念してきました。村田智穂は、フリオを国宝と見ています。「彼は南ヨーロッパで最高の日本の家具職人です。私たちはあなたの仕事で私たちのレストランを祝福してくれたあなたに感謝の意を表すことができるだけです。フリオはあなたが雇うことができる人ではありません。彼はあなたを選びます。」

Crockery

地球、火、水

土、火、水

京都にはピラール茜屋を刺激する何かがあります。京都の名前そのものが、あなたをより深く呼吸させます。その美しい景色、豪華な料理、そして穏やかなリズムは、あなたがあらゆる瞬間を楽しむのを簡単にします。俵屋旅館、緒方レストラン、白川祇園や新橋通りを散策することは、美しさの本質を表しており、すべてのふりが欠けているために見過ごされることもあります。シンプルで素朴な建築は、圧倒的な外の世界からあなたを分離し、ほとんど瞑想的な状態にあなたを突っ込みます。

ピラールアカネヤは、この自然との調和をカトラリーやお皿に移し、それぞれのニーズや季節に合わせた金属やシンプルな木材を使用しています。また、日本の職人が厳選した素朴な陶磁器を使用しています。日本の手作り食器は、その繊細さ、抵抗力、そしてその形の絶妙さで際立っています。彼のために シェフのメニュー アーティストの荒木元子が運営するバルセロナのYuuワークショップからユニークな作品を選んでください。荒木は伝統的な方法を使って、それぞれの作品を作るのに時間を費やしています。日本独自の方法で粘土を上手に練り上げることから始まり、ホイールを使って形を作り続けます。各ピースを8時間乾燥させた後、釉薬をかけ、高温でさらに14時間焼成します。結果として得られる色、色合い、形は、日本の食器と食堂に美しさと禅の幸福感を与えます。

予約

予約

重要

予約するには、以下の予約条件に同意する必要があります。

  • 午後9時30分より前の予約は、最初のシフトに対応し、最大2時間30分です。
  • 私たちは15分間テーブルを保ちます。
  • ご指定人数のみのご予約となります。
  • 以下を尊重する必要があります 行動基準
  • Sansekaiメニューは予約時にリクエストする必要があり、 特別な条件
  •  

よくある質問

メニューは2名様用のクローズドメニューで、幅広いお肉をベースにしています。ベジタリアンメニューやビーガンメニューはありません。ただし、2人のうち1人がベジタリアンまたはビーガンの場合は、事前の通知によりメニューを調整して、肉や動物性タンパク質を使用せずにさまざまな料理を楽しむことができ、もう1人は通常どおり肉を楽しむことができます。魚の代わりに肉を使うことはできません。

もちろん。メニューはいくつかの共有料理で構成されているため、適応は両方のダイナーに適用されます。メニューを調整するには、予約時に不寛容を示すだけです。

すべてのメニューは2名様以上で、メニューの料金は1名あたりです。ただし、3人の中に未成年者がいる場合は、1つのメニュー(2人用)を共有することができます。

いいえ。レストランには隣接する2つの小さな部屋に13のテーブルがあり、プライバシーや騒音がないことを保証することはできません。最もクラシックな意味で、静かで広々としたエレガントなレストランを探しているなら、ピラールアカネヤはおそらくあなたの期待に応えていません。

空室状況にもよりますが、最大6/8名で予約できます。大人数のグループ予約は受け付けておりません。

私たちのことを考えてくれてありがとう。で私たちに書いてください reservas@pilarakaneya.com

の空気抽出および供給システム すみび焼き それらは空気の一定の循環と換気を保証します。さらに、このレストランには、市場で最も先進的なZonair3D空気清浄システムがあります。微粒子をろ過し、Covid-19を含むウイルスを不活化する殺ウイルス性ナノファイバーが含まれています。 このテクノロジーの詳細

会社のイベントは最大30名まで開催できます。興味のある方は、 reservas@pilarakaneya.com

すべてのご要望をお待ちしておりますが、残念ながらこのようなコラボレーションは行っておりません。

コンタクト

店舗情報

住所

エスプロンセダストリート33マドリード28003

パーキング

フェルナンデスデラホズ78のクライアントのための2時間の無料駐車場

スケジュール

毎晩土曜日と日曜日の午後7時30分から正午まで

電話

ギフト

ランチやディナーをご希望の場合は、 reservas@pilarakaneya.com

地図