ピラール茜屋は、安全を第一に考えたレストランです。
当店の新型コロナウイルス対策を知る。

法多山尊永寺袋井市

2020年7月17日に創業を開始致しましたピラール茜屋は、神戸肉取扱店として認められたマドリード初、またスペインでは4店舗あるうちの1店舗となる炭火焼レストランです。また、ヨーロッパで初めて日本国産マスクメロン「クラウンメロン」を取り扱う店でもあります。こちらのページでは、創業者である村田知穂とイグナズィ・エリアスによる当店のこれまでの歩みをスタッフ一同の想いと共にご紹介いたします。

当店は、先にオープンしましたバルセロナの系列店、カルロタ茜屋と同様、日本の伝統を受け継いだ本格的炭火焼レストランであり、木材を使用したこだわりの温かみを感じられる各テーブルには、囲炉裏が備え付けられております。炭火は、テーブルの使用ごとに新しく丁寧に並べられ、食後には取り除かれます。村田は「おそらく、レストラン業界で、一番手間がかかる業種でしょう。」と、打ち明けると同時に、テーブルを一つの物語の舞台とするならば、彼女の知る限り、最もロマンティックな表現だとも言い表しました。

2011年にバルセロナにヨーロッパ初の炭火焼レストランをオープンしてから9年が経ちましたが、イグナズィは当時を振り返り、「心意気だけでの開業だったため、経営者として、また個人としても、高い代償を払いました。だからこそ、2店舗のオープンに際し、あれから10年近く経った今、学んだことを新しいステージに生かさなければならないという思いを搔き立てられました。」と語っています。

2019年4月。ラ・バングアルディア新聞のカルロタアカネヤの記事についてコメントする村田知穂と村田たけと村田賢ニ。

またその上で、彼の今までの学びの中で印象的だったものについて、静岡県袋井市出身の妻である村田の幼少期の思い出をあげています。というのも、彼女には幼い頃、祖母と餅を作るため、祖父と共に薪木を拾い釜戸に火をくべ、一緒に暖をとった冬の思い出がありました。そうした経験を通して、現在村田は、マドリードの地で、当店に関わる全ての意思決定の要となっています。イグナズィは「彼女が顔をしかめなければ、全てが順調にいっていることが分かります。」と明かしています。

京都の老舗の店名にイグナズィの実の母の名前であるピラールを加えた店名の由来については、「ピラール茜屋は、いつか現れる運命でした。母のおかげです。」とイグナズィは微笑みながら答えています。当社の運営責任者で、この言葉通りに2店舗目のオープンの実現において中心的役割を担ったジョルディ・リベラもこれに同意し、イグナズィは彼について「全てがうまく機能するために必要不可欠な存在」と明言しています。イグナズィが初めて2店舗目をオープンする話をジョルディに持ちかけた際、彼はカルロタ茜屋の常連客の一人でしたが、当時のことを思いがけないことであったと思い返しながら、「イグナズィが探していたのが真心だったとしたら、その通り、魂を注ぎました。」と確信を持って心境を語っています。

ピラール茜屋は、神戸肉を販売する要件を満たし、神戸肉流通推進協議会が認定する日本国外のレストラン150店舗の一つに指定されています。和牛と神戸肉については、その定義を問われると日本人でも正確には答えられない人が多いのではないかと思われますが、簡単に言えば、日本産なら単に和牛、兵庫県産であり、かつ該当する神戸肉の認定を得た和牛だけが神戸肉となります。

当店の場合、最も希少価値の高いA5等級神戸肉や熟練の技が求められる肉のカット技術を提供しているだけではなく、炭火との相性についても最高の状態でお客様に味わって頂けるよう常に向上心を持って取り組んでおります。マドリード店・店長兼シェフのホセ・ルイス・フェルナンデスは村田から和歌山県を生産地とする備長炭の話を聞くまでは、「まさか炭の味見をしなければならないなんて、思ってもみませんでした。」と当時を回想しています。当店で提供するお料理は、炭火にもこだわりを持ち、吟味を重ね、唯一無二の味わいを生み出しています。

神戸と和歌山のコンビネーションは、数々の調理法の中で最も贅沢な楽しみ方ですが、「この代わりとなるものは、提供しないという選択肢しかない。」との強い信念で完成したお店がピラール茜屋です。最後に運営責任者のジョルディの言葉で当店の創業までの歩みの紹介を終わらせて頂きたいと思います。「当店では、伝統製法で焼き上げた最高級の炭、和歌山の備長炭で、神戸肉を最高に引き立てる可能性を提供しています。これは、今まで日本でしかあり得ないものでしたが、これからは、マドリードはチャンベリでも可能です。」スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

また、我々の国でクラウンメロンを味わうことができるのは初めてです。ナショナルジオグラフィックは2020年10月22日、この世界一高いメロンのマドリード上陸という素晴らしい取材を完成させ、この事実を直接目撃しています。

クラウンメロンとは日本で最も権威のあるマスクメロンの原産地呼称の一つであり、知穂の町 袋井市で育てられています。「クラウンメロンはうちの近くにある農場から来ています」と知穂は明かします。西洋文化では、東京内の売店では通常であるように、メロン一つに200€もの単価が付けられることは信じられません。2019年には競り場にて幾つかのメロンが25000ドルで落とされるほど、このメロンは贅沢な贈呈品として深く日本文化に根付いています。

イグナズィは東京に滞在していた頃から国産メロンの噂を知っていましたが、知穂と一緒に袋井を訪れた時、この完璧なメロンを作ることに生きがいを感じている何百もの農場に魅了され、本格的にこのフルーツに興味を持ち始めました。 このメロンの値段と味は「一つの木に一つの実」という基準に部分的に起因しています。収穫の半ば、農主がより一番良い見た目を持つメロン一つだけを各木に残し、あとのメロンを処分します。このメロンが与えられる手入れと管理のリストはおそらく一人の母親がその子供に与える注目とだけ比較することができるのかもしれません。 「それらのメロンは日本の中でさえ持つことは夢とされていましたが、今は私にとってそれらをマドリードで持つことがとても信じられません。」